about_t.gif
top_living.jpgスウェーデン発の世界的な家具チェーン店IKEA(イケヤ)
シンプルでオシャレ、そして安い北欧家具屋です。
日本では現在、千葉・船橋(南船橋)と横浜市港北(新横浜)に店舗があり、08年春に神戸店がオープン予定。
おしゃれなインテリアスタイルを実現する、IKEA(イケヤ)家具の情報をお届けします。

IKEA(イケヤ)家具情報はこちら 
ikea_t.gif
ikea_light.jpg安いIKEA(イケヤ)の家具の中でも、照明・ライトはとくにいいかんじなんですよねー。
そんなIKEA(イケヤ)の気になるライトを重点的にピックアップしていきましょう。

IKEA(イケヤ)の照明・ライト特集はこちら 

ikea_t.gif
ika_stool.jpg木製スツール、バー(ハイ)スツール、ステップスツール… 

IKEA(いけや)のスツールも、お手頃価格でおすすめですねー。
そんな気になるスツールをピックアップします。

IKEA(イケヤ)のスツール特集 

2009年02月06日

『おねぇマンズ』イケヤ・ロケ

昨々日(2/3)の日テレ系バラエティ番組『おネエMANS』の1コーナーにて、お笑い芸人・ハイキングウォーキングのQ太郎宅を改造するのにあたり、イケヤ船橋ロケが行われていました♪

ので、カンタンにレビューを。

まずは、ハイキングウォーキングの2人とにしおかすみこ、おネエ2人(普段観てないので名前はわからないw)でQ太郎の部屋を下見することに。
おしゃれなマンションのエントランスを抜けて、部屋の玄関へ。

中へ入ると、15畳の1LDK。
部屋自体はいいマンションってかんじですが、荷物が床に散らばるなど部屋のコーディネートはダメダメな様子w

before1.jpgbefore2.jpg

寝室にはなぜか照明がなく、薄暗い。
部屋の隅に転がるペンダントランプを見つけてツッコむが、実際に天井にぶら下げてみると大きすぎて不釣合いw
全体としても、家具配置やカラーコーディネートの統一感もなくバラバラなのも問題。

そこで一行は、イケヤ船橋へ♪

ここで登場したのが、イケヤの"おねえ"アントン・ハークヴィストさん、IKEAインテリア・デザインマネージャーです。
おっ、この人、以前フジテレビの「ウィークワンダー」にも出てましたなw

「部屋づくりはどの家具から選んだらいいですか?」という質問に、「収納から」とアントンさん。
「しまうべきものをちゃんとしまわないと、部屋が散らかっちゃうでしょ」とのこと。

ということで、まずは収納コーナーへ。
アントンさんお勧めのワードローブはこちら↓。

ANEBODA.jpg
ANEBODA(アーネボーダ)

こちらの収納棚、ハンガーを掛ける高さも調節できるとのこと。
「壁が白だったから、(棚も)白でちょうどいいんじゃない?」「広く見える気がする」と一同。
しかし、「白い壁には、逆に濃い色の家具を合わせた方が、奥行きが出て広く見えるんですよ」とアントンさん。

つづいて、ベッドコーナーへ。
お勧めのベッドはこちら↓。

HEMNES.jpg
HEMNES(ヘムネス デイベッドフレーム)


ベッド下には3つの引き出し収納があり、さらにはその引き出し部分をフレームごと引き出すと、シングル→ダブルベッドに変身するという優れもの☆
一人暮らしにはいいですねー。

次はソファ・コーナーへ。
激安ソファに「安ーい!」と一同仰天☆

KLOBO.jpg
KLOBO(クローボ) ¥12,900

おネエから「ソファ前のローテーブルってどう選んだらいいんですか?」と素朴な疑問。
「座面と同じか、ちょっと高めを選ぶといい」とアントンさん。

こちら↓の寝椅子を見て、「ヘプバーンのマイフェアレディみたいじゃない? ヨーロッパのホテルとかにあるけど、日本にないよね。オシャレよねー♪」

KARLSTAD.jpg
KARLSTAD(カルルスタード)

そのほかにも、Q太郎の部屋改造に必要なアイテムを見て回り。。。

いよいよリフォームが終わり、お披露目♪

after2.jpg

茶系を中心としたシックなコーディネートで大人の部屋の雰囲気に♪

ポイントは。。。

まずは、収納棚を増やし、荷物をスッキリ収納。

after_shelf2.jpg
収納:STOLMEN(ストルメン)
カーテン:KARNA(カルナ)

目隠し用のカーテンはシースルーだと、閉めたときに後ろが透けて、圧迫感が薄れるのでよいとのこと。

また、家具レイアウトは、入り口から順に大きい家具を配置すると遠近法で広くかんじるとのこと(←定番ですねw)。

問題点のひとつ、照明は↓こちらを追加。

after_fuga.jpg
FUGA(フーガ)

こんなおしゃれなシーリングライトが6,990円と聞き、一同ビックリ☆

また、テーブルランプも追加。
こちらは、イケアの照明コーナー売り上げNo.1だそう。

after_knu.jpg
KNUBBIG(クヌッビ)

テーブルランプにも意味が。
部屋を広く見せるために、部屋の隅に照明を置くと、天井や壁のスペースが強調され、部屋が大きく見える効果があるとのこと。

ダイニングには、シンプルにダイニングセットを1つ。
フローリングの色と同化させ、部屋全体を広く見せています。

after_fusion.jpg
FUSION(フーション)

こちらのダイニングセットは、4脚の椅子がスッポリ収納できるので、狭いスペースにはもってこいのテーブルセットです♪

こうして、最後にQ太郎のファッション(服装)改造まで行って、VTR終了となりました。



見事におシャレな部屋に大変身しましたね♪
とくに、カラーコーディネートがいいですね。
グリーン(観葉植物)も効いている。グリーンがあるのとないのでは、全然雰囲気が違うんですよねー☆

でも、お店で紹介してた家具は使わないんですねw

で、ちょっと気になったのは、使い勝手(ライフスタイル)について。

くわしく紹介されてなかったのですが、ベッドがなくなっって、ごっついソファが置かれていたので、ソファベッドを採用したのかな?

で、ダイニングルームにダイニングセットを置いてるわけですが、(日本人男性の)一人暮らしのスタイルからすると。。。どうなんだろう?

私なら。。。

キッチンに接してカウンターがあったので、そこにハイ・スツールを置いて、食事はそこで済ませる。
で、ダイニングセットの変わりにソファを置いて、リビングにする。
そして、ソファベッドはベッドに戻す。

こっちの方が絶対使いやすいと思うのですが。
きっと、椅子の生活が当たり前の欧米人と、床生活が染み付いている日本人の感覚の違いなんだと思いますw
posted by CHARA at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | イケヤ船橋・南船橋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113740792
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック