about_t.gif
top_living.jpgスウェーデン発の世界的な家具チェーン店IKEA(イケヤ)
シンプルでオシャレ、そして安い北欧家具屋です。
日本では現在、千葉・船橋(南船橋)と横浜市港北(新横浜)に店舗があり、08年春に神戸店がオープン予定。
おしゃれなインテリアスタイルを実現する、IKEA(イケヤ)家具の情報をお届けします。

IKEA(イケヤ)家具情報はこちら 
ikea_t.gif
ikea_light.jpg安いIKEA(イケヤ)の家具の中でも、照明・ライトはとくにいいかんじなんですよねー。
そんなIKEA(イケヤ)の気になるライトを重点的にピックアップしていきましょう。

IKEA(イケヤ)の照明・ライト特集はこちら 

ikea_t.gif
ika_stool.jpg木製スツール、バー(ハイ)スツール、ステップスツール… 

IKEA(いけや)のスツールも、お手頃価格でおすすめですねー。
そんな気になるスツールをピックアップします。

IKEA(イケヤ)のスツール特集 

2009年11月26日

イケヤ名古屋は2013年!?

中日新聞にイケア・ジャパン社長のインタビュー記事が掲載されていました♪

それによると、東海地方初の出店、いわゆる"イケヤ名古屋"は2013年オープンを目標にしているらしいです。
名古屋市の東側周辺が最有力候補地だそうですが、なかなかよい条件の土地を見つけるのが難しいようですねー。



イケア東海出店は2013年か

スウェーデン発祥の家具大手、イケアグループの日本法人「イケア・ジャパン」(千葉県船橋市)のラース・ペーテルソン社長(50)は16日、中日新聞のインタビューに対し、東海地方で初となる新店の出店について「手続きがスムーズに進めば、2013年中にオープンしたい」と目標時期を明らかにした。

店舗の立地に関し「店舗開発部の社員1人を愛知県内に常駐させ、有望な土地を探している」と現状を説明。「(県内で2番目に人口が多い)豊田市にも近く高速道路のアクセスも便利」として名古屋市の東側周辺を有力候補地として挙げた。

ただ、「いろいろな土地を実際に見ているが、土地の大きさや形状、大型商業施設が建てられる区域かなど、条件が合わないことが障害となっている」と指摘。「改正まちづくり三法」が2007年に全面施行されて以降、延べ床面積が1万平方メートルを超える大型商業施設の郊外出店の規制が大幅に強化されたため、「良い条件での土地を見つけることが一番の課題」と話した。

イケアは家具を中心とする9500種の製品を展示販売するため、既に国内で開店した店舗は敷地面積4万5000平方メートル前後を確保している。「半分程度の土地しか手に入らない場合は、通常は1、2階の売り場構成を高層化することも検討したい」と述べ、出店に強い意欲を示した。

イケアグループは世界25カ国で267店を展開。国内では06年の船橋市を皮切りに、横浜、大阪、神戸、埼玉県三郷の各市に出店しているほか、愛知県弥富市に物流センターを置く。国内5店の09年8月期の売上高は520億3000万円で、来店者数は2020万人。低価格化を実現するため、購入者に商品を持ち帰って組み立ててもらう方式を採用していることで知られている。


(2009年11月17日:中日新聞WEBより)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック